2017年5月15日月曜日

江の島ライド

気がついたら、1か月以上も更新していませんでした。

忙しかったのです。ウソですが(^_^;)

GWは1,2日に有休を取得して、9連休と大型連休となったので、
帰省したり、ズーラシアに行ったりとそれなりに充実しておりました。

そんなGW真っ只中、てっきり娘も休暇かと思いきや、登園するという事でしたので、
1日ぽっかり空きました。

このチャンスを逃してはならないと、いそいそと準備して、
予てから行きたかった江の島に行くことにしました。

とりあえず、多摩サイ
国道1号線を横浜方面に進み、横浜駅からも県道21号線を延々と走り、鎌倉へ。

鎌倉目指し中
なんだかんだで由比ヶ浜。


134に入る手前の鳥居
向こう側から撮った方が画的には良かったな。


鳥居を越えてたらすぐ海でした。
ここまでで、大体40キロくらいでした。

多分由比ヶ浜
天気も良くて、気持ちよかったです。

ただ目的地は江の島なのでもう少し走らなくてはなりません。

腰越漁港
腰越漁港を経て、やっとこ江の島

全然江の島っぽくない画、江の島大橋
折角江の島まできたので、
生シラスでも食べて帰ろうかと思いましたが、2日前に帰省した時に、
駿河湾産の生シラスをたらふく食べた上に釜揚げシラスを大量に購入して
帰ってきたので、今更感があり、どんなお店があるのかをウォッチするだけにしました。

有名店っぽい
参道にある、ぎゃーって鳴るたこせんを食べたかったのですが、
ロードを止める場所が見当たらず、諦めました。

参道入り口
江ノ島っぽい写真を何枚撮って



新江ノ島水族館

そういえば、駅の写真も撮ろうと江ノ島駅へ

江ノ島駅
人いねーw

シラスは食いたくないし、たこせんは食えなかったけど、補給はしないといけない訳で。
と悩んでいたら、


おにぎり屋さんを発見。
美味い!ってわけでもなく、小ぶりなのに高額なおにぎりでした。

腹も満たせたので、帰路に着くことに。
帰りは134を避け、県道304号をひた走り、気がつけば大船。

奥さんの実家に寄りましたが、誰もおず、犬のお出迎え。
まあ、行くって言ってないし、平日だしね。

シナモンといいます。
ここから12%の坂を登り、国道1号へ。

ここからは下り基調なので、楽々の帰宅!

のはずだったのですが、
横浜駅手前で、雷雨に遭遇。

ちょっと雨宿りしましたが、止む気配がなく、諦めて、
雨の中走りました。。。


帰りは雨にふられましたが、予てから行きたかった江の島に行けて
楽しかったです。

100キロ程度なので、また行こうかと思います。
夏は止めようかな・・・。


2017年4月1日土曜日

久しぶりの尾根幹

いつになったら、暖かくなるのだろうか。
もう4月だというのに。

いつもの休日。
天気も良かったので、いつものように、ターマックに跨って、
ダラダラ走り始めました。

どこに行こうかなーと悩みながらペダルを廻し、
途中でサドルを調整し、着いたところは。。。

尾根幹の入り口

尾根幹の入り口

前回来たのは、いつだったかな。
この辺りには良く来るのだけど、そのまま多摩サイを走ったり、
読売ランドの坂を登ったりして、すっかりご無沙汰。

10月に一回来たけども、土砂降りで引き返したから、半年ぶりくらいかな。

半年前に比べると、体重は落ちてるし、タバコも止めたし、
ホイールも替えたし(フロントのみだけど)
さぞ楽に走れるだろう。と意気揚々と走り始めました。

バーミアン

尾根幹で多分一番キツイバーミアンのとこの坂を上り、
アップダウンを繰り返し、
途中で佐野マジックのロードバイクを見かけたり。と
気がつけば、折り返し地点。


特に楽に登れた印象もなく、心肺もそこそこ高いかったので、
体重落ちたのや、タバコやめた恩恵はほとんど受けられませんでした。

あとで確認したら、タイムもそんなに変わってなかった。
The 努力が水の泡(^_^;)

その後、下りに下って、尾根幹終了

尾根幹終了ポイント
その後、よみうりランドには寄らず、帰路につきましたが、
最近、40キロ程度しか走っていなかったので、70キロを超えたあたりから
腰が痛くなってきました。
ダンシングしたりしながら騙し騙し走り切りました。

もうちょっとちゃんと鍛えないとだめだな。


走行距離:82キロ
走行時間:3時間40分
平均スピード:22.3km/h(遅い。。。)


2017年3月11日土曜日

fabricのサドルを買った話

このところ、ブログの更新頻度が落ちてきています。
仕事がちょっと忙しいのと、ネタがない。ってのが理由です。

そんな感じでですが、最近サドルを購入したので、その話でもします。

サドルについては、スペシャライズドに全幅の信頼をおいており、
今は、テゥーペというサドルを使用しています。

スペシャライズド テゥーペ

スコットのソレイスを購入した際に、サドルだけ購入したのですが、
ターマックを購入した時にもテゥーペがついており、今テゥーペが二つあります。

現在、スコットには、フレーム購入の際に付いていたシンクロスのサドルが付いてます。
シンクロスのサドル
テゥーペには特に不満はなかったのですが、
最近、サイトでfabricのサドルがいい。っていう記事をよく見かけるようになったので、
値段も手ごろな事もあり、購入してみました。

アマゾンなどでも売っており、1万円前後で買えます。
海外製品なので、海外のECサイトだといくらなんだろう?
と探してみたところ、evanscyclesというサイトで6000程度で買える事が判明!!

速攻ポチりましたが、weggleなんかとは違い会計や発送先などは全編英語でした。

2週間程度で到着しました。
このあたりはweggleなんかで慣れているので、なんてことはないです。

早速開封
Fabric Line Shallow Elite Saddle
一押しというか、ネットを騒がしているのは、scoopというサドルだと思うんですけど、
なぜか、Lineを買ってしまいました。
こっちの方がカッコ良かったし、scoopは真ん中が割れてないので、
デリケートゾーンを圧迫してしまうかな?と。

固さといえば、いいんでしょうか。
fabricのサドルは「FLAT」「Shallow」「RADIUS」と言われる
タイプが設定されいます。
FLATが固く、RADIUSが柔らかい。
scoopなんかは選べるようですが、Lineについては、Shallowの設定しかないようです。

車体の色に合わせて、ホワイトを選びました。
作りは中々キレイな作りをしていると思いました。
ホワイトラインは前方は合皮で真ん中から後ろはベースプレートという
面白い作りになっています。


定番というか、レールはクロモリ製でした。
チタンとカーボンの設定があるようです。
レールは若干後ろに設定されているのでしょうか。

テゥーペと比較

142mmというサイズを選択したのですが、テゥーペより幅が広くみえます。

うーん、比較してしまうと、作りの粗さがみえてしまう。
まあ値段も倍近く違うので、仕方ないかとは思います。

重さを測ってみました。


242g。
軽くもなく、重くもなくです。


ちなみにテゥーペは、260g。
fabricのサドルより重いですね。

ターマックに装着してみました。
イメージ通り、中々面白い画になりました。




こういう感じの白いサドルだと車体とマッチしていいですね。

使ってみた感じですが、あまり良くわからなかったです(^_^;)
良くわからなかった。というか、あまり変わらなかったと言った方が正解ですかね。
まだ、60キロくらいしか走ってないので、もうちょっと長距離走ったら違うのかも
しれません。
現段階ではお尻が痛くなる訳でもないですし、良いサドルなのかもしれません。
値段も手頃ですし。

次はscoopのRADIUSでも試してみようかと思ってます。


2017年2月20日月曜日

羽田七福いなりめぐ

正月は、年末30日まで仕事していたこともあり、怒涛の10連休でした。

前半は、元旦以外はロードに跨る事もなく、家族もいなかったので、
昼から酒を煽り、ダラダラ過ごしておりました。

中盤は、娘と二人きりでしたので、ちょこちょこ近所に出かけたりしてました。

そんな中、ブラブラしていると「羽田七福いなりめぐり」なるイベントが
開催されており、本来は徒歩で回るであろういなりめぐりを自転車で回りました。

公式HP

一、萩中 東官守稲荷神社 《身体安全》
写真撮り忘れました。

二、上田 妙法稲荷神社 《招福厄除》


三、大野 重幸稲荷神社 《開運長寿》

四、中村 高山稲荷神社 《学業成就》

五、仲町 鴎稲荷神社 《開運招福》

別格、羽田 玉川弁財天 《金運長寿》

六、鷹取 白魚稲荷神社 《無病息災》

七、東京羽田 穴守稲荷神社

コンプリート!!
自転車でもなんだかんだで1時間弱くらいかかったかもしれません。
穴守稲荷でティッシュとかの記念品を貰って完了です。

御朱印を頂くのに100円かかり、台帳200円で
合計1,000円でした。

年初からありがたい事をした気になり、
初めてでしたが、中々面白かったです。
来年もあるようでしたら、息子と行こうかと思います。

帰り際、おみくじを引いたのですが、娘がなんと「凶」を引き当てました。


そして、私は本厄!!


上々の滑り出しです・・・。



2017年2月14日火曜日

2017年1月1日の事

2017年になってから、もう1か月以上経過しているわけですが、
今年初の更新となります。

なので、今更正月ネタなのですが、
お正月というか、元旦は特にやることもなかったので、近所の日の出スポットに
御来光を見に行きました。

大鳥居
朝なので、寒かったです。
あと、ライトを付けてなかったので、ほかのローディーの方々に怪訝な
顔をされた気がしました。
皆さんはオーバーナイトランなんでしょうけど、
私は10分くらいの近所なんですよね・・・。

と、御来光を拝み、空港周辺をブラブラして、帰路につきました。

羽田空港の朝焼け
拙宅にて、そういえばと思って撮った画像

パナレーサー グラベルキング 700×26
パナレーサーのグラベルキングを買いました。
買いましたって言っても、2か月以上前なんですけどね。
導入はB-rideの時なので・・・。

”舗装路から未舗装路まで自由に快適に走りたいサイクリストの要望にこたえるべく、補強材をタイヤ全面に装備したアンチフラットケーシングで耐パンク性能を強化。ZSGコンパウンドの採用で、耐久性・耐摩耗性も強化されている。また超軽量極細コードのAX-αコードにより軽量化も実現” 
Panaracerより抜粋

耐パンク性能を強化!と謳っていますが、このタイヤに替えてから、
2年ぶりくらいにパンクした。
しかも、多摩サイの立川付近で(拙宅から40キロくらい)
ただ、タイヤには外傷等なく、チューブが劣化で破裂した模様。

それ以降も、100キロに満たないライドを重ねており、
あ!なんか踏んだ。って時もパンクとかしないので、
本当に耐パンク性能は高いと思います。

以前履いていた、スペシャライズドのS-Works Turboは、
石を踏むとキズが入ったりしてました。
S-Works Turboは軽くてグリップも良くとてもいいタイヤなんですが、
6000円弱もするので、ちょっと気軽には買えない。
その点、グラベルキングは4000円弱で買えるので、耐パンク性能を加味すると
コスパはいいと思う。
ただ、走れるタイヤ、例えばS-Works Turboと比較してしまうと、
転がりはそんなに良くなくて、ブワブワしてる感じがしてしまう。

まあそんなに速く走ることにご執心って訳ではないので、総合的な性能を
考えるとグラベルキングで充分だと思います。

おわり

2016年12月31日土曜日

今年買ったもの(ロードバイクの)

先日のサンデーライドの際に、ランドヌールのデローザにちょこっとだけ乗せてもらい、
クロモリもいいなー。なんて思いはじめました。


いいなー=買う。みたいな思考ではないので、良かったので買っちゃいました。的な事ではなく、
今年はロードに幾らに遣ったんだろう?とぼんやり思いはじめたので、
備忘録もかねて書き連ねようと思います。

長くなりそうなので、年末年始のお休みの際にでもお読みください


まずは、SPDペダル


シマノのPD-A600
アルテグラグレードらしいですね。
保持力は結構強くて、ライドの後半になると外すのに苦労する事があります。
頼むからブラックを出して欲しい。

次にミノウラのパーゴラ


ロードを車にちゃんと乗せてみたくて買いました。
今年は、箱根の帰りと三浦に行く際に活用。
んー、あんまり使ってない。
来年もこんな感じでしょうか。

続いては、ガーミン

  
ガーミン520j(日本語版)でございます。
斜度を知りたくて購入した訳ですが、
心拍やらケイデンスも見れる様になったので、ライドがより一層楽しくなりました。
各種センサーの移設が簡単に出来るので、複数台持ちの方にはオススメですね。高いんですけど(^_^;)

今年一番の大物と言えば、これなんじゃないでしょうか。


スペシャライズド ターマック

もうアレーを買った途端から、欲しくて仕方なかったマシン。

もう一台欲しかったマシンはスコットのソレイスだったので、
ロードに乗って僅か2年で欲しすぎるマシンを2台も手に入れてしまったことになります。

ターマックにはターマックの良さ(軽さとか)があり、ソレイスにはソレイスの良さ(楽)があります。

どっちも好きで今のところ、手放すことはないな。と思っております。

これを買ったからと言って、物欲が治まることはありませんでした。

Xeccon MARS30


モーションセンサー搭載のブレーキランプになります。
おぉ!と思って購入したのですが、電池の持ちが悪いわ、うまく作動しないわで、
今後も運用するか悩んでいるところです。
ただのバックライトであれば、かなり優秀なので。

ここから、今年度、私の財政を窮地に追い込んだアパレル地獄でございます。


dhb のClassic 半袖ジャージでございます。

この前にSantiniという超絶にカッコいいジャージを買ったわけですが、
お腹がワイセツレベルでしたので、お蔵入りすることにしました。



それで悔しくなって、Santiniの別のジャージを買いました。
これも超絶にカッコいいデザインでした。




このジャージであの箱根に登ったわけですが、とても暑い日でした。
4か月くらい前の話ですが、もう遠い日の出来事に思えます。


ジャージ地獄といえば、こんなのも買いました。
dhb Global Edition


買った時期が悪かったのか、今年は1回しか袖を通さず、しかも土砂降りの時に着る。
なんとも不運なデビューでした。




来季はベビーローテで着用しようと思います。

説明の仕方が悪くて、地球儀みたいなジャージと思われていたらしく、着て行ったら
意外とカッコいいですね。
なんて言われました。

先述のとおり、今季はアパレル地獄でありまして、これ以外にも沢山買いました。

simanoのSPDシューズとか


ウインドブレイカーとか


ジオラインなんて2枚も買いました。



ネックウォーマーや
グローブ

アーリーグローブなんていらねぇよ!って思っていましたが、
あると便利。というか、微妙な感じで快適ですね。

冬用のジャケットも買いました。
以前も紹介したdhbのClassic Windproof Thermal Softshell ジャケットです。



冬用のジャケットは、これのほかに同型の柄違いを2枚も買ってしまいました。
いつか着るだろう・・・。

dhb - Blok Prism Softshell Thermal ジャケット

dhb - Blok Diamond Softshell Thermal ジャケット

今思えば、ジャケットでなく、長そでジャージを買えば良かったな。
後悔しております。


この時期に?と思うかもしれませんが、ハーフのレーパンも買いました。

パールイズミ コンフォートパンツ
パールイズミのパッドは評判が良かったので、買ってみました。
たしかにパッドが大きいので、なんとなく良い気がしますが、
丈が若干ながいので、ペダリングの際、ちょっと引っかかります。

今度買うときは、もう少し丈が短いバージョンにしようかと思います。

なんだかんだでロードバイクに乗って2年ほど経ち、アイウェアも乗り始めた時に
買ったモノなので、新調しました。

GIANT STRATOS
今までは、ティフォージというブランドのアイウェアを使用していたのですが、
レンズの淵が頬にあたる感覚があり、あまりいい感じではありませんでした。

あと、ハーフリムタイプの方がかけた感じがしっくりくる。様な気がしたので、
ハーフリムタイプを探したのですが、色々試した結果、
GiantのSTRATOSが一番しっくりきたので、購入。

買ったのは、一番下のグレードでしたが、レンズ3枚もついて6500円と超お買い得でした。


ただ、やはり調光レンズが必須だという事がわかり、レンズを交換する予定です。

とまあ、今年もロードバイクで散在した1年でした。
来年こそ、我慢したいと思います。